東京都城東地区がん診療連携拠点病院薬剤師合同研修会

東京都城東地区がん診療連携拠点病院薬剤師合同研修会(229.2 KB)

がん薬物療法における情報共有の問題点

がん診療拠点病院を中心に東京都がん診療における薬剤師力の均てん化を図るため、東京都がん診療拠点病院薬剤師部会では、本年度より、表記合同研修会を開催させていただくこととなりました。病院薬剤師、保険薬局薬剤師、特にがん診療に関わる薬剤師の方向け研修会ですので、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願いいたします。

日時

2017年5月20日 土曜日 15:00~17:00

場所

墨東病院 14F講堂A,B講堂

定員

80名 (事前申込制)

対象

病院薬剤師、保険薬局薬剤師(特にがん診療に関わる薬剤師)

会費

無料

CONTENTS

15:00~15:15

【開会の挨拶】
がん診療に携わる薬剤師の資質向上研修会の発足にあたって
林 みどり(東京都立墨東病院 薬剤科長)

15:15~16:35 

【シンポジウム】
テーマ:がん領域における情報共有の実際と課題
   ~がん薬物療法の現場のニーズを考える~
座長:東京女子医科大学 東医療センター 伊東俊雅
司会:墨東病院 薬剤科 賀川 智子

1)日本私立学校振興・共済事業団 東京臨海病院 薬剤科 大塚 英希
「進行・再発癌に対する化学療法開始時における患者への説明について」

2)東京都保健医療公社 東部地域病院 薬剤科 益子 里美
「XELOX療法を初めとした保険薬局との患者指導の連携について」

3)東京都立墨東病院 薬剤科 針ヶ谷 義久
「患者への妊娠に対する説明について」

4)メディカルファーマシィ ミキ薬局 上野店 管理薬剤師 笹本千賀子
「仮 薬薬連携とがん治療―保険薬局の立場から-」

5)東京都立墨東病院 外科部長 宮本幸雄医師
「医師の視点から」

16:35~16:50 ディスカッション・質疑応答
16:50~ 閉会の挨拶

注意

本研修会への申し込みは下記リンクまたはQRコードからお願いします。定員をオーバーしたした場合には、抽選となることがあります。
【申し込みフォーム】

https://ws.formzu.net/fgen/S68395471/

締め切りは5月18日(木)です。お早めにご入力ください。

※薬剤師研修センター、日本臨床腫瘍薬学会・日本緩和医療薬学会の研修認定について現在申請予定です。

事務局・問い合わせ

東京都立墨東病院 がん診療推進委員会 薬剤部門 林・賀川
 東京都墨田区江東橋4-23-15 TEL03-3633-6151(内2426)
 E-mail:bo_yakuzai_di@tmhp.jp

ページの先頭へ

2017年5月11日 最終更新