連携スタッフ紹介

医療連携室

平成15年4月1日、医療連携室は院内組織として発足しました。
それまでも当院の医療連携は、院内のご理解と協力のもと、病院の基本理念に基づいて取り組んでまいりましたが、さらに、地域医療機関との連携をより密接なものとし、院内での位置づけを明確にする目的で発足しました。
医療連携室は、連携担当の副院長の総括のもと、各診療科連携担当医師及び諸先生方と地域医療機関との関係が円滑に機能するように環境整備を進めていきます。

  • 医療連携室メンバー
氏名役職
担当副院長 岩間 徹 副院長
室長 井手 隆文 脳外科部長
副室長 宮本 幸雄 外科部長
副室長 島倉 晋弥 医事課長
金沢 千恵子 看護担当科長
大貫 久美子 退院調整看護師長
柳瀬 一正 医療相談係長
小島 敏子 病床担当係長
事務局 山田 義之 医療連携係長

医療連携係

医療連携をサポートする連絡調整窓口として、医事課医療連携係が、診療体制、紹介・予約に関すること、講演会やCPCの開催、医師外来担当表、診療情報提供書や各種用紙の送付、「連携だより」や「診療案内」の発行、医師会との連絡等の業務を行っています。

【医療連携係】03-3633-6151(代表)内線2115

病床管理係

入院の管理、病床の調整を行っています。

医療福祉相談室

専門職種を配置し、病気や事故等により生じた様々な社会的、心理的な問題について、患者さんやそのご家族のお力になれるよう、その解決に向け相談に応じています。

【相談時間】月~金/午前9時~午後5時、土/午前9時~正午

  • 医療ソーシャルワーカー
    医療費の支払いや生活費についての不安、介護保険、健康保険、障害年金等に関する医療福祉相談とその援助を行います。
  • 臨床心理士
    心の問題に関わる相談や心理面接、心理検査などを行います。

看護相談室

当院に通院あるいは入院されている患者さんの在宅療養、看護・医療上の問題について相談を行っています。 2名の看護師を配置し、在宅自己注射・自己血糖測定、在宅酸素、経管栄養、ストマ管理、自己導尿等の在宅療養に必要な看護や介護技術の指導、往診医師や訪問看護師に関する相談をお受けしています。

【相談時間】月~金/午前9時~午後5時

ページの先頭へ

2017年2月 9日 最終更新