手術支援ロボット「da Vinci(ダビンチ)」について

ダビンチロゴ
東京都立墨東病院では、このたび、手術支援ロボット「da Vinci(ダヴィンチ)Xi」を導入しました。

従来の開腹手術と異なり、数か所の小さな切開部から手術を行うため、患者様の身体への負担が少なく「低侵襲」で、かつ人間の手より大きな可動域と手ぶれ補正機能により、「精緻」な手術が可能となります。

まずは、泌尿器科における前立腺がんや、消化器外科における胃がん、直腸がんのほか、婦人科における子宮良性腫瘍及び初期の子宮体がんの手術において、ダビンチ手術の実施を予定しています。

今後は、膵臓がん、肺がん等への拡大も考えており、更に質の高い手術の実施に努め、区東部保健医療圏(墨田区、江東区、江戸川区)や区東北部保健医療圏(荒川区、足立区、葛飾区)を支える拠点病院として、地域の皆さまのニーズに応え、最先端の医療を提供できるよう取り組んでまいります。

診療科医、麻酔科医、看護師、臨床工学技士のスタッフでチームを組み、一丸となって安全かつ確実なロボット手術を実施しております。ぜひお気軽にご相談ください。

低侵襲手術支援ロボット『ダビンチ』とは

ダビンチは、低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発された、高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像の下、人間の手の動きを正確に再現する装置です。

術者は鮮明な画像を見ながら、人の手首よりはるかに大きく曲がって回転する手首を備えた器具(鉗子)を使用し、精緻な手術を行うことができます。

ロボット支援手術は、認定資格を取得し、トレーニングを積んだ医師の操作よって実施されます。

ダビンチのシステム構成

ダビンチ(da Vinci )は、①サージョンコンソール、②ペイシェントカート、③ビジョンカートの3つの機器によって構成されています。

ダビンチを使用したロボット支援手術

①サージョンコンソールとよばれる操縦席に座り、3D画像を見ながら手元のコントローラを操作します。

②ペイシェントカートの4本のロボットアームにその動きが伝わります。

③ビジョンカートのモニターに手術中の画像が映し出され、手術スタッフにも同じ画像が共有されます。

ダビンチ手術の特徴

① 体への負担が少ない

数カ所の小さな切開部から手術を行うため、傷が小さく、出血も抑えられ、手術後の回復が早く、患者様の負担が軽減されます。

② 鮮明な3D(3次元)画像

コンソールモニターには、高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。

③ 精密な動きを再現

医師がロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。ダビンチの鉗子はリスト構造を持ち、人間の手より大きな可動域と手ぶれ補正機能を備えています。

ダビンチ手術Q&A

Q1. ロボット手術は怖い気がします。

A1. ダビンチ手術は、認定資格を取得し、トレーニングを積んだ医師によって行われます。医師をサポートするのがロボットの役割で、ダビンチ自身が勝手に動作することはありません。医師がロボットを活用し、より精緻に行う手術とお考えください。

Q2.ロボット手術の費用はいくらくらいかかりますか。

A2.それぞれの疾患によって手術費用は異なりますが、健康保険が適用され、高額療養費制度も適用されます。詳細は各科にお問い合わせください。

ページの先頭へ

2021年12月23日 最終更新