外科コースの概要

コース責任者

脊山 泰治

目標とする専門医受験資格

  • 日本外科学会専門医

研修期間

3年

研修概要

1~3年目

基幹施設は墨東病院で、都立・公社7病院と連携しています。外科研修で必要な領域すべてを網羅し、東京都の色々なエリアを含んでいます。本プログラムの目的は以下の通りです。

 

 ・手術ができる外科医を育てる

 外科専門研修の時期に一番大事なことは、とにかく手術を多くすることです。本プログラムでは、3年間で術者を少なくとも200例以上経  験することができます。外科専門医の最低必要経験症例350例、術者経験数120症例)が、短期間のうちに経験できます。

 #2015年卒業の外科専修医:経験症例550例、術者経験277例/3年間

 

 ・研究発表、論文発表も積極的に指導

 学術活動は、手術と同様に臨床医として必要不可欠なものあり、外科専門研修の時期に学んでおくべきものです。本プログラムでは、研 究発表、論文発表のスキルを経験豊富な指導医が、積極的に指導し、研修に必要な20単位を大きく上回る業績を達成します。

 #2015年卒業の外科専修医:研究発表9件、論文発表2件、合計126単位/3年間

 

 ・サブスペシャリティーに繋がる研修

 基幹病院、連携病院を含めて、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科に加え、内視鏡外科、肝胆膵外科、乳腺外科などすべての領域で最前線の医療を行っているため、外科専門医を取得の上、希望のサブスペシャリティー領域に繋がる研修をすることができます。

コースモデル

1・2年次に胃、大腸、乳腺、肝胆膵、腹腔鏡外科の外科各チームを3カ月ずつ、他にER、救命センター、胸部心臓血管外科を3カ月ずつ選択することが原則で、3年次は外科各チームに再度所属して専門医取得に向けて症例集積を図ります。

主要手術実績と目標手術数

主要疾患手術数経験目標症例数
食道癌・胃癌 111件 40例/3年
大腸癌・直腸癌 159件 60例/3年
乳癌 116件 30例/3年
悪性腫瘍腹腔鏡下手術 85件 10例/3年
肝胆膵悪性 84件 20例/3年
胆石症 153件 60例/3年
虫垂炎 184件 80例/3年
鼠径ヘルニア 148件 60例/3年
外傷外科 (救命救急センター) 20例/3カ月
血管、肺 (胸部心臓血管外科) 20例/3カ月

※手術数は平成26年1月~12月の実績概数

取得可能な専門医受験資格

  • 日本外科学会外科専門医

指導体制

診療科科医師数うち研修指導に
あたる医師数
常勤非常勤
外科 12人 1人 7人

指導医名と保有資格

上部消化管外科 指導医一覧
下部消化管外科 指導医一覧
肝胆膵外科 指導医一覧
乳腺外科 指導医一覧
内視鏡外科 指導医一覧

※指導医=スタッフインデックスページにおいて「研修医指導医」と表示されている医師

ページの先頭へ

2017年6月 5日 最終更新