呼吸器内科コースの概要

コース責任者

澁谷 泰寛

目標とする専門医受験資格

  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医

研修期間

4年

研修概要

当院は区東部の救急の中核を担い、さらに感染症、難病医療などにも重点をおく総合病院であり、その特色として、非常に豊富で多岐にわたる疾患を経験でき、臨床技術・知識の習得には理想的な病院である。
主体は呼吸器内科研修であり、院内で関連科のローテート研修を行なうことができ、さらに希望に応じて他都立病院での研修も行うことが可能である。GIO― 呼吸器系疾患とその病態を系統的・横断的に把握するとともに、呼吸器専門医として要求される、より専門的な知識、高度な診断能力および治療手技を習得し、 豊富な臨床経験を有することに加え、高邁な医療倫理観を育成する。ひいては内科医としての総合的能力向上を達成する。

SBOs(要約)

  1. 呼吸器の形態・構造・機能を理解し、呼吸器系の診断学(視診・触診・打診・聴診)について説明できる。
  2. 胸部画像診断(CT、MRI、PET、RI検査)の所見を述べることができる。
  3. 気管内挿管・人工呼吸管理(非侵襲的を含む)を適切に行える。
  4. 気管支鏡による観察と洗浄・生検ができる。
  5. 胸腔チューブの挿入ができ、ハイムリッヒバルブなどの管理ができる。
  6. 気管支炎・肺炎・気管支喘息など急性期の疾患管理ができる。
  7. COPD・間質性肺炎・肉芽腫性肺疾患など慢性疾患の診断と治療ができる。
  8. 興味深い疾患やまれな疾患などの専門的画像・病理診断と具体的な治療を実践できる。
  9. 在宅での酸素療法・外来化学療法をチーム医療として行える。
  10. 肺癌に対し病期診断・治療計画を作成し、放射線治療を含めた治療を行うことができる。
  11. 肺癌に対し、緩和ケアを含めた総合的治療および対症療法ができる。

コースモデル

1年次:他の内科 呼吸器内科 放射線治療部 救命センター
2年次:放射線診断部 呼吸器内科 ER
3年次:病理科(駒込病院) 呼吸器科(他院) 呼吸器内科
4年次:感染症科 呼吸器内科

主要症例実績と目標症例数

主要疾患入院数経験目標症例数
気胸 2例/3ヶ月 10例
肺炎球菌肺炎 4例/1ヶ月 5例
インフルエンザ肺炎 4例/1ヶ月 1例
COPD 1例/1ヶ月 6例
気管支喘息 2例/1ヶ月 4例
好酸球性肺炎 1例/6ヶ月 1例
間質性肺炎 3例/1ヶ月 10例
サルコイドーシス 1例/1ヶ月 2例
肺結核 1例/3ヶ月 1例
非結核性抗酸菌症 1例/3ヶ月 1例
気管支拡張症 1例/6ヶ月 1例
癌性胸膜炎 1例/1ヶ月 4例
結核性胸膜炎 1例/3ヶ月 1例
膿胸 1例/2ヶ月 3例
胸膜中皮腫 1例/6ヶ月 1例
胸腺腫 1例/12ヶ月 1例

※入院数は平成19年1月~12月の実績
※目標症例数は3ヶ月間の目標数

取得可能な専門医受験資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定内科専門医
  • サブスペシャリティ各認定医
  • 専門医

指導体制

診療科科医師数うち研修指導に
あたる医師数
常勤非常勤
内科 16人 11人 12人

指導医名と保有資格

消化器内科 指導医一覧
呼吸器内科 指導医一覧
内分泌代謝科 指導医一覧
腎臓内科 指導一覧
神経内科 指導医一覧
血液内科 指導医一覧

※指導医=スタッフインデックスページにおいて「研修医指導医」と表示されている医師

ページの先頭へ

2015年7月24日 最終更新