小児科コースの概要

コース責任者

三澤 正弘

目標とする専門医受験資格

  • 日本小児科学会小児科専門医

研修期間

3年

研修概要

小児科医は成長、発達の過程にある小児の診療のため、正常小児の成長・発達に関する知識が不可欠で、新生児期から思春期まで幅広い知識と、発達段階によって疾患内容が異なるという知識が必要です。さらに小児科医はgeneral physicianとしての能力が求められ、そのために、小児科医として必須の疾患をもれなく経験し、疾患の知識とチーム医療・問題対応能力・安全管理能力を獲得し、家族への説明と同意を得る技能を身につける必要があります。

 本プログラムでは、「小児医療の水準向上・進歩発展を図り、小児の健康増進および福祉の充実に寄与する優れた小児科専門医を育成する」ことを目的とし、一定の専門領域に偏ることなく、幅広く研修します。専攻医は「小児科医は子どもの総合医である」という基本的姿勢に基づいて3年間の研修を行い、「子どもの総合診療医」「育児・健康支援者」「子どもの代弁者」「学識・研究者」「医療のプロフェッショナル」の5つの資質を備えた小児科専門医となることを目指してください。

<研修スケジュールの概略>

1年目:当院小児科で1年間研修

2年目:当院新生児科6ヶ月間、当院小児科2ヶ月間、小児総合医療センター麻酔科1ヶ月間、聖路加国際病院小児科(血液・腫瘍性疾患が主体)3ヶ月間で研修

3年目:当院小児科6ヶ月間、小児総合医療センターその他6ヶ月間(専攻医が自ら小児領域各専門科を選択し研修内容を構成します)

当院の研修はチーム医療での研修が主体となります。専攻医の下にはジュニアレジデント、上には指導医として小児科専門医が必ず配置され、1チーム3~4名で構成されます。院内でのチーム編成ならびに関連施設での研修は同学年の研修医は1名とし、重複する研修医がないように設定しています。

また、研修1年目から週に1回の外来診療(午後に行います)・月4回のER当直業務を担当します。外来診療では自らが主治医となった患児の退院後の経過観察が主体となります。ER当直業務では指導医の監督下に救急疾患の対応を研修し、小児科医として欠くことのできない救急疾患の対応、急性疾患の管理・慢性疾患の初期対応を研修します。

また、定期的に地域保健所にて乳幼児健診を指導医とともに行い、乳児健康診査・小児保健・社会医学を担当医として研修します。

ほぼすべての領域にわたり、もれなく経験できる体制となっています。

診療実績

診療実績.pdf(144.4 KB)

指導体制

診療科科医師数
常勤非常勤
小児科 12人 1人
新生児科 10人 2人

指導医名と保有資格

小児科 指導医一覧
新生児科 指導医一覧

東京都立墨東病院小児科専門研修プログラム

東京都立墨東病院小児科専門研修プログラム.pdf(720.8 KB)

※募集人数=若干名となります。

ページの先頭へ

2016年8月 8日 最終更新