血液内科コースの概要

コース責任者

大和田 啓

目標とする専門医受験資格

  • 日本血液学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医

研修期間

4年

研修概要

東京都立墨東病院血液内科は、区東部の数少ない血液内科専門施設であるため、地域の医療機関からのニーズが高く、初発の白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫などが多く紹介され、症例が豊富であることが特徴である。
また、総合病院の中の血液内科であるため、他科との連携もとりやすく、広く臨床血液を研修するのに適している。
JALSG参加施設、日本血液学会認定施設、日本臨床腫瘍学会認定施設、日本がん治療学会認定施設であり、血液疾患の化学療法ばかりでなく、広く抗がん剤治療も学べる。 無菌室を4床完備し、末梢血幹細胞移植を行っている。骨髄移植研修は、都立駒込病院血液内科での研修を実践している。
当院は、「東京ER・墨東」で救急患者が多く、血液救急疾患を始め、広く臨床血液全般の症例を、数多く経験できるのが特徴である。血液専門医として要求さ れる、血液学的知識、診察技能、検査手技を習得し、各種血液疾患症例を経験することで、その病態、診断、治療および予後予測を体得する。
また臨床研究や症例報告を通して、研究活動の能力を身につける。

コースモデル

1年次:呼吸器内科3ヶ月、消化器内科3ヶ月、救急診療科・救命センター3ヶ月、感染症科3ヶ月
2年次:血液内科6ヶ月、駒込病院 血液内科(骨髄移植)6ヶ月
3年次:血液内科12ヶ月
4年次:血液内科12ヶ月

主要症例実績と目標症例数

主要疾患入院数経験目標症例数
悪性貧血 5例/3年 2例/3年
再生不良性貧血 5例/3年 2例/3年
鉄欠乏性貧血 15例/3年 5例/3年
溶血性貧血 10例/3年 2例/3年
骨髄異形成症候群 15例/3年 5例/3年
急性白血病 75例/3年 15例/3年
慢性白血病 15例/3年 5例/3年
骨髄増殖性疾患 20例/3年 6例/3年
悪性リンパ腫 45例/3年 10例/3年
多発性骨髄腫 20例/3年 6例/3年
造血幹細胞移植 15例/3年 5例/3年
免疫不全症 10例/3年 4例/3年
血小板減少性紫斑病 15例/3年 4例/3年
易血栓形成症(DIC等) 15例/3年 4例/3年

※入院数・経験目標症例数は3年間での実績

取得可能な専門医受験資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会認定内科専門医
  • サブスペシャリティ各認定医
  • 専門医

指導体制

診療科科医師数うち研修指導に
あたる医師数
常勤非常勤
内科 16人 11人 12人

指導医名と保有資格

消化器内科 指導医一覧
呼吸器内科 指導医一覧
内分泌代謝科 指導医一覧
腎臓内科 指導一覧
神経内科 指導医一覧
血液内科 指導医一覧

※指導医=スタッフインデックスページにおいて「研修医指導医」と表示されている医師

ページの先頭へ

2014年4月10日 最終更新