先輩研修医からのメッセージ

医学生の皆さんへ

竹川 弘毅(内科系コース)

当院は東部2次医療圏という墨田区、江東区、江戸川区の3区からなる地域医療を担う救急病院であり、都内でありながら特殊な症例も多く集まる環境になっています。2年間の初期研修では救急車、walk inを含め全国でも有数な症例数を誇るER外来での救急患者の初期対応や入院後の担当患者への治療計画など、さまざまな分野で主体的な医療を行う環境が揃っています。また、当院での研修を経て上級医になっている指導医も多く、熱意をもって指導してくださいます。内科コースはすべての内科をローテートできる上に、救命センターでは多くの症例が集まる当院ならではの経験をすることが可能です。是非当院で実践的かつ素晴らしい研修生活を一緒に送りましょう。お待ちしています。

源川 結(小児科コース)

当院での初期研修の特徴は、将来の進路に関わらず多様な救急患者の初期対応を経験できる点です。研修医がfirst touchし検査や治療方針を考え、主体的に医療をすすめることで医師としての基本的な能力を身に着けることができます。

小児科においてはcommon diseaseからICU管理を必要とする児まで、新生児領域は高度専門医療に取り組む周産期総合医療センターでの研修で、幅広い症例に触れることができます。教育熱心な先生方と信頼できる同期に囲まれて、充実した日々を過ごしています。

医師としてのスタートを墨東病院で踏み出してみませんか?見学をお待ちしています。

岩瀬 遼(外科系コース)

 当院のER、救命センターは症例数が多く、疾患も多岐に渡ります。外科系診療科においても予定手術に加えて急性期疾患を多数経験できます。専門医を持った指導医の丁寧な指導のもと、研修医主体の研修が可能です。初療、手術、退院までの一連の流れを通して勉強できるのは墨東病院の特徴だと思います。そして、何より全国から集まる熱意をもった同期と切磋琢磨できる環境が自分を成長させてくれます。ぜひ1度墨東病院の見学に来てみませんか。

森谷 方良(産婦人科コース)

当院産科は総合周産期センターとして、ハイリスクな母体搬送を受け入れていることが特徴です。当院の救命救急センターをはじめ他科との連携を見ることもできます。また、社会的問題を抱えた患者を経験する機会も多く、診療だけでなく地域の中での役割を感じることもできます。2年間のER当直での幅広い分野の救急症例を経験することができるのも当院の魅力の一つです。経験できる症例数、手技は十分にあり学ぶ意欲があればその分答えてくれる環境だと思います。

町田 征己(総合系コース)

墨東病院の最大の特徴はやはり全国有数の救急車搬送数・ER受診数でしょう。

初期研修医は救急外来における救急患者の対応から始まり入院患者の治療計画まで、主体的に治療方針を決めることができます。

総合系コースでは2年目のローテーションの自由度が高く、自分の志望する科を長めに回る事も志望を決めるために色々な科を回る事も可能です。

まだ志望科が決まっていない方、色々な科に興味がある方は是非総合コースをオススメします。

大内 美貴子(歯科コース)

歯科口腔外科の研修は、外来では口腔外科小手術を、病棟では周術期管理を中心に行っています。実際に患者と接する機会が多く、上席位の指導のもと様々な症例を経験し、基本的な手技を習得することが出来ます。また、他科の入院患者の治療を行うこともあり、多くの全身疾患について学ぶことも出来ます。

歯科の同期はいませんが、その分経験出来るものも多く有意義な研修を送っています。

また、医科の同期がいることはとても刺激的で、研修医旅行など楽しく過ごせています。

興味のある方は是非一度見学に来てみてください。

ページの先頭へ

2016年7月19日 最終更新