ごあいさつ

医学生の皆さんへ

墨東病院は東京都の東に位置し墨田・江東・江戸川・葛飾区といった人口密集地域をカバーする総合病院であります。都立病院の中では区部の広域基幹病院としての役割を担い幅広い診療を行っています。特に救急医療についてはあらゆる分野の救急に対応していることが当院の最大の特徴です。救急診療科(内科、小児科、外科)としての1次・2次救急、3次救急としての独立完結型の救命救急センター、循環器科、脳神経外科、新生児科、産科、精神科、感染症科等全ての診療科が救急対応しています。
 また、地域の基幹病院として高度専門領域においても救急診療と同様のスタンスで診療しています。このため当院は非常に忙しい病院であります。忙しい病院というと敬遠されることもありますが、当院スタッフは墨東病院で働くことを誇りに思い、日夜診療に従事しています。圧倒的な患者数に対応するため研修はハードですが、この環境の中で徹底的にトレーニングを積むことで、医師として盤石な基礎が築かれるものと確信しています。
 初期臨床研修は将来の専門を意識したコースを設定していますが、基本コンセプトは”スーパーローテートを基本とした後期臨床研修につながる初期臨床研修”です。1年目は全コース同じカリキュラムで、内科、外科、麻酔科、救急科を必修としました。2年目はコース毎に将来を見据え専門領域のみならず幅広くその関連領域もローテートに組み込むことをおすすめします。
 またERでの夜間研修を行います。上級医とともに当直して救急診療に当たります。年間5万人近くの救急患者が来院する当院ならではの多数で多彩な経験が全科横断的な基本的な力を身につけるのに役立つことは疑いありません。
 当院での研修は肉体的・精神的にも非常にハードだと思われますが研修期間の2年を終える頃には3年目以降の研修の土台となる十分な実力がついていることに気づくでしょう。
 最初の2年間は将来を決定する大変重要な期間です。楽な研修でなくきつくとも実り多い研修を求める諸君にはもってこいの研修病院だと思います。志のある皆さん、是非当院で研修してみませんか。しっかりした志のある方の応募をお待ちしています。


臨床研修管理委員会
委員長 
外科部長 真栄城 剛

ページの先頭へ

2014年7月24日 最終更新