呼吸ケア

呼吸ケアとは

呼吸ケアとは、特に急性期・集中治療において患者さんに装着した人工呼吸器の管理を行うことです。
墨東病院のような急性期病院では、人工呼吸器装着を余儀なくされる患者さんも多くいらっしゃいます。適切な人工呼吸器管理を行うことで、患者さんの予後の回復、生活の質(QOL)の向上に貢献します。

呼吸ケアチームの活動

呼吸ケアラウンド

人工呼吸ケアチーム(BCRT)は、呼吸器関連性肺炎(VAP)予防、安全管理、合併症予防、呼吸器からの早期離脱という4つの視点で、年間のべ240人近い患者さんをラウンドしています。チームは、医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士・臨床工学技師・理学療法士が参加しています。

学習会の開催

医師、看護師、歯科衛生士、臨床工学技師、理学療法士による実践形式の学習会を開催し、臨床に役立てています。

ページの先頭へ

2014年4月 9日 最終更新