生理検査ってどんな検査?

心電図とは

心臓が拍動する時に生じる電気信号をキャッチし、心電計を通して波形として記録します。
脈の乱れ(不整脈)や胸の痛み、動悸などの症状の診断のために行う検査です。
また、手術を受ける前や、健康診断でも行われています。
短時間で多くの情報を得ることができ、痛みや体への影響もありません。
検査時間は5~10分くらいです。

肺機能検査とは

息を吸ったり吐いたりして、肺から出入りする空気の量や、息を吐く速度および肺内のガス濃度を測定することにより、肺の機能を調べる検査です。
呼吸器疾患の有無や治療効果の判定、手術前の肺機能の評価等を目的としています。
検査時間は20~60分くらいです。(測定項目によって異なります)

脳波検査とは

脳が活動するときに出ている微弱な電気信号を、頭皮上から記録する検査です。痛みはありません。リラックスした状態で検査を受けください。
この波形から脳に関する病気の診断を行うとともに、治療効果の確認を行います。
検査時間は約1時間です。

超音波検査とは

人の耳では聞くことの出来ない周波数の高い音(20,000ヘルツ以上)を超音波といいます。
この超音波を体の外側から当てて、はね返ってきた反射波を映像化し、臓器の大きさや病態の有無を観察していきます。また、止まっているものだけでなく、動いているものや血液の流れなども観察することができます。

(対象となる部位)

  • 腹部超音波検査では、主に肝臓,胆のう、すい臓、脾臓、腎臓が対象です。
  • 心臓超音波検査では、心臓が対象です。
  • 体表超音波検査では、乳腺、甲状腺、頚部、体表面が対象です。
  • 血管超音波検査では、首の左右にある頚動脈(血管)や足の動脈・静脈が対象です。

検査時間は約30分です。(部位によって異なります)

ページの先頭へ

2015年3月16日 最終更新