受入体制

墨東病院では初期救急及び2次救急の初療に対応する「救急診療科」と、3次救急に対応する「救命救急センター」により構成され、診療各科と連携をとりながら、墨東病院として初期から3次までの救急患者に対応する総合的な救急診療体制を整えています。
そのため、墨東病院では24時間、365日、あらゆる病気やけがの患者さんを受け入れています。

患者さんへのお願い

  1. 東京ER・墨東では救急患者さんへの診療を行っています。一般外来診療ではありません。治療は応急処置が中心となり、お薬は原則として1日分のみの処方となります。
  2. 医師が患者さんの症状に応じ、トリアージを行います。トリアージとは、患者さんの重症度・緊急度により治療の優先度を決めることです。
    そのため、トリアージの結果、より重症度の高いの患者さんを優先して診療いたします。受付順の診療とはなりませんので、あらかじめご了承ください。
  3. 受診にあたっては、必ず事前にお電話をお願いいたします。(代表番号 03-3633-6151)
  4. 夜間・休日は大変混み合い、長時間お待たせすることがあります。
  5. より専門的な治療が必要な場合等は、他の医療機関を紹介することがあります。
  6. 病床の状況によっては転院をしていただく場合がございます。

救急外来の流れについて詳しく知りたい方はこちら

東京都の医療機関をお探しの方はこちら

ページの先頭へ

2014年4月 9日 最終更新