上部消化管外科

診療内容

墨東病院外科では上部消化管(胃・食道・小腸)の主な疾患を以下の方針で治療しています。

胃がん

原則的には日本胃がん学会の胃がん治療ガイドラインに従って標準治療を行っています。がんに対する根治性を追求しつつ、心臓疾患や肺疾患、重症の糖尿病など併存症をお持ちの患者さんでは、各患者さんの状態にあわせた最適な方法を工夫して良好な成績をあげています。術後の QOL(生活の質)も重視しており、早期胃がんであれば消化器内科と協力して内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)を行っています。腹腔鏡下胃切除術も早い時期から導入してきました。一方、当院に多い高度進行胃がんの患者様には、最新の知見に基づいた術前化学療法や術後化学療法を拡大手術と組み合わせて、治癒を目指す治療を行っています。なお、胃がん領域では日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)参加施設のメンバーとして多施設共同臨床試験に参加し、新しい優れた治療法をいち早く取り入れ、質の高い診療レベルを維持するとともに、日本の胃がんの標準治療の確立に貢献しています。

食道がん

胃がん同様、基本的にはガイドラインに基づいて丁寧な治療を行っています。当院にはがんが他臓器に浸潤している症例が多く集まりますので、内科・放射線科と定期的にカンファランスを行い、進行度に応じて適切な治療法を組み合わせた治療を行っています。特に進行がんに対しては、標準的な手術治療としての開胸・開腹手術の他に、術前に化学療法・放射線療法を行ってから食道切除術を行う積極的な治療も行っています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

通常は薬物治療が中心とする保存治療がなされています。外科治療は救命救急が目的で行われることが多く、内視鏡治療で出血が止まらない場合、慢性的な狭窄が改善しない場合、穿孔して腹膜炎となった場合などがあります。

GIST(Gastrointestinal Stromal Tumor)

リンパ節転移が希な本疾患は腹腔鏡下切除術のよい適応です。切除の必要のある症例では、原則として腹腔鏡下切除を行っています。大きくて安全な切除が困難な場合には術前に分子標的薬(イマチニブ等)投与を行うこともあります。切除後の病理結果から再発リスクがあると判断される場合には術後補助療法も行っています。

特色

墨東病院は救命救急センター設立後30年、東京ER墨東開設後10年を経過し、地域の救急診療の拠点となっております。さらに、総合病院として内科など各診療科が充実しており、救急疾患以外の領域でもほとんど全ての疾患に対する高度な診療を提供できる体制や機器を装備しています。そのため、当院で治療を受けられる患者様には、がん専門病院や小規模な病院では対応できない重度の併存症(心血管疾患、呼吸器疾患や重度の糖尿病など)や、出血や閉塞などのがん合併症のある患者様の比率が高いという、他院にはない特徴があります。その中で外科の成績は質・量共に大学病院やセンター病院に勝るとも劣らないものと自負しております。高齢者が増加して併存症を持つ治療の難しい患者様が増える一方ですが、我々は「すべては患者様のために」をモットーに、患者様にとってベストの治療を提供できるよう努力を続けています。

ページの先頭へ

2017年2月 9日 最終更新