呼吸器外科

胸部心臓血管外科(呼吸器外科部門)では、肺、縦隔、胸壁等の胸部疾患の外科診療にあたっています。当院の総合病院としての特性を生かして、心筋梗塞治療後、人工透析中、糖尿病等の合併症がある患者さんの手術が可能です。

お知らせ

当院胸部心臓血管外科は2011年4月より増員となり新体制でスタートし、皆様のご支援により診療体制が整いました。手術症例数も増加に伴い、心臓血管外科、呼吸器外科の専門研修施設としての学会認定も得られました。 今後も皆様のご期待に応えられるよう努めますので、よろしく御願い致します。

診療内容

胸部心臓血管外科は、関連した循環器科、呼吸器内科や麻酔科医師、臨床工学技師、専門的な知識と経験を持った看護職員、検査部門職員など、総合的な能力が必要とされる診療科です。当科は病院全体からのバックアップにより、「最適かつ最新な治療方法」を提示・提供致します。

基本方針

  • 24時間対応
    救命救急センター、ER、循環器科、呼吸器科と連携して急病や急変に対応します。
  • 安全で質の高い医療
    総合病院の利点を生かし、各科の協力により患者さん個々に最適な治療法を選択します。
  • 医療連携
    手術後は、ご紹介いただいた病医院での治療・経過観察の継続を原則としています。

主な症例

原発性肺がん

呼吸器内科と連携し、患者さんの合併症も考慮しつつ治療方針を決定しています。胸部異常影として未確診でご紹介いただき、常勤病理医による術中診断によって診断、治療手術となるケースも増えています。必要に応じて胸腔鏡も多用しております。

治療方針が決定し、当院での外科、放射線、抗がん剤治療が一段落した場合、また緩和ケアが必要となった場合は、各医院のご協力よる在宅医療も考慮しています。

転移性肺腫瘍

大腸がん、腎がん、婦人科系がん等でその診断、治療に切除が必要とされる場合があります。院内他科や近隣の病院よりの御紹介を頂いております。

胸部異常影

肺良性腫瘍、感染症(結核腫、非定型抗酸菌等)、その他良性疾患、胸膜中皮腫などが胸部異常影として発見されることがあり、診断や治療のための生検・切除手術を行っています。

自然気胸

ER、呼吸器内科と連携した診療体制をとっており、保存的治療の段階では主に外来通院で対応しています。手術適応の患者さんにほぼ全例で胸腔鏡手術を施行しております。

縦隔、胸壁疾患

呼吸器内科や神経内科と連携して、外科的診断、治療を行っております。

外来

外来は予約制となっておりますので、患者さんは電話で予約をすませてから受診いただくようお願いいたします。専門性の高い治療を迅速に提供できるように、ご紹介状の持参をお願いいたします。

特色

心臓血管外科、呼吸器外科ともに患者さんの負担の少ない低侵襲手術に取り組んでいます。呼吸器外科では内視鏡下肺手術を積極的に行っています。

主な医療設備

  • 人工心肺装置
  • 経皮的心肺補助装置
  • 大動脈内バルーンパンピング
  • 胸腔鏡手術装置 など

ページの先頭へ

2015年6月 9日 最終更新