呼吸器内科

城東地区における中核病院として、地域医療支援病院やがん診療連携拠点病院の指定を受けています。肺癌をはじめとする腫瘍疾患に加え、肺炎などの呼吸器感染症や気管支喘息などのアレルギー疾患、びまん性肺疾患なども含めた呼吸器疾患全般に幅広く対応しています。

診療内容

肺がん

診断には気管支鏡検査の際に超音波内視鏡(EBUS-GS、EBUS-TBNA)も使用することで診断率向上に努めています。近年ではCOVID19対策として、最新の換気システムを導入することで検査数を維持しています。胸水の精査に関しては、場合により局所麻酔下胸腔鏡も行うことで診断率の向上に努めています。

治療には最新の肺癌診療ガイドラインに準拠しつつ、呼吸器外科及び診療放射線科と連携して治療方法を選択しています。化学療法には、各種分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬を適切かつ積極的に導入しており、局所進行非小細胞肺がんに対しては化学放射線療法後の免疫チェックポイント阻害薬による維持療法を行っています。2020年4月より当院放射線科でも強度変調放射線治療(IMRT)が開始されたため、より高精度な放射線治療も組み込んだ治療が可能となりました。患者さんのQOL向上を重視し、外来での化学療法を積極的に推進しています。また、院内の緩和ケアチームとも連携をはかり患者さんの苦痛にも積極的に向き合っています。

呼吸器感染症

細菌性肺炎、胸膜炎や膿胸などの疾患に対しては、感染症専門医やICDと連携しながらガイドラインに準拠し、起因菌を想定した適切な治療を行っています。COVID19肺炎は主に感染症科が治療を行いますが、確定診断がつかないものに関してはFilmArray呼吸器パネルも用いて病原体を追及しつつ治療を行ないます。膿胸に関しては、呼吸器外科と緊密に連携し、手術療法も積極的に選択しています。

非結核性抗酸菌症や肺アスペルギルス症などの慢性呼吸器感染症の治療は、手術療法も含めて包括的に治療を推進しています。喀血症例にはCTアンギオグラフィーで原因血管を同定し、場合により放射線科と連携して気管支動脈塞栓術(BAE)も行っています。

びまん性肺疾患(間質性肺炎など)

びまん性肺疾患の診断確定には各種抗体検査や抗原隔離、気管支鏡検査、外科的肺生検などが必要ですが、診断に難渋する場合もあります。その際には東京医科歯科大学と連携して、診断及び治療を行っています。現在、間質性肺炎における多施設共同研究にも参加して臨床研究を行っています。また、診断が確定して適応のある患者さんには抗線維化薬も積極的に導入しています。

気管支喘息及び類縁疾患

喘息予防・管理ガイドラインに準拠し、吸入ステロイドを主体とした治療を行っています。難治性の気管支喘息には抗IgE抗体、抗IL-5抗体や抗IL-5受容体α抗体等の生物製剤を導入してコントロールしています。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症などにも対応しています。アナフィラキシーに対しては救急診療科と連携して治療を行い、エピペンの導入も積極的に推奨しています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPDに対しては、呼吸機能検査に加え画像検査を行うことで適切に評価しています。COPD診断と治療のためのガイドラインを踏まえて治療薬を選択しています。喘息とCOPDのオーバーラップ(ACO)は、重症度に対応して吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用型β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の配合薬であるトリプルセラピーも考慮しています。また、急性増悪時には薬物療法に加えて非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)を導入し、治療を行っています。

慢性呼吸不全

COPDや間質性肺疾患、肺結核後遺症、側弯症等に伴う慢性呼吸不全には、在宅酸素療法(HOT)やNPPV療法を導入しています。

嚢胞性疾患や希少疾患

LAMやBHD症候群などの嚢胞性疾患に関しては、呼吸器外科と連携して診断を確定するように努めています。患者さんの状態に応じて難病研究班の施設等に依頼することも含め、柔軟に対応しています。

施設認定

・日本内科学会認定教育施設

・日本呼吸器学会認定施設

・日本アレルギー学会準認定教育病院

・日本呼吸器内視鏡学会認定施設

・日本がん治療認定医機構認定研修施設

診療実績 (2020年)

入院患者内訳(主な疾患)

総数 810件
腫瘍性疾患(肺癌、悪性胸膜中皮腫など) 546件
呼吸器感染症(細菌性肺炎、ウィルス性肺炎など) 44件
間質性肺疾患(特発性肺線維症、薬剤性肺障害など) 49件
気管支喘息 17件
肺気腫・COPD 15件
気胸 30件
膿胸 27件
喀血・血痰 13件

各種検査等 実績

気管支鏡(総件数;EBUS-GS含む) 255件
     EBUS-TBNA 49件
CTガイド下経皮肺生検 11件
局所麻酔下胸腔鏡 3件
EWS(気管支痩孔閉鎖術) 2件
BAE(気管支動脈塞栓術) 3件

学術活動

論文

  1. 遠藤 駿,北野正剛,丸田竜介, 雨宮光男, 松本崇平, 西山直樹,小林正芳.
    非小細胞肺癌治療中に発症したnon-O1 non-O139 Vibrio cholerae菌血症の1例. 
    感染症学雑誌;95:314‐318,2021.
  2. Tasaka Y, Nishiyama N, Kobayashi M, Miyazaki Y, et al.
    Non-inferior clinical outcomes of immune checkpoint inhibitors in non-small cell lung cancer patients with interstitial lung disease.
    Lung Cancer, 155: 120-126, 2021.

学会発表

  1. 西山直樹, 遠藤駿, 松本崇平, 小林正芳, 江花弘基, 小林亜紀, 尾辻瑞人.
    Endobronchial Watanabe Spigot(EWS)による気管支充填術後の経過に関する後方視的検討.
    第44回日本呼吸器内視鏡学会学術集会, 名古屋, 2021年6月.
  2. 丸田竜介, 西山直樹, 北野正剛, 雨宮光男, 遠藤 駿, 松本崇平, 小林正芳.
    殺細胞性抗がん剤(CT)と免疫チェックポイント阻害薬(ICT)の併用療法を行った進展型小細胞肺癌症例(ED-SCLC)の後方視的検討.
    第61回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2021年4月.
  3. 北野正剛, 遠藤 駿, 丸田竜介, 佐久間美帆, 雨宮光男, 松本崇平, 西山直樹, 小林正芳. 
    COVID-19肺炎の重症度と胸部CTの陰影面積スコアリングにおける後方視的検討.
    第61回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2021年4月.
  4. 北野正剛, 松本崇平, 丸田竜介, 雨宮光男, 遠藤 駿, 西山直樹, 小林正芳.
    当院における進行・術後再発の非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害薬併用療法の後方視的検討.
    第61回日本呼吸器学会学術講演会, 東京, 2021年4月.
  5. 池上葉月, 遠藤駿, 雨宮光男, 松本崇平, 西山直樹, 小林正芳.
    非小細胞肺癌治療中に発症したnon-O1 non-O139 Vibrio cholerae菌血症の1例.
    第666回日本内科学会関東地方会, 東京, 2021年2月.
  6. 雨宮光男, 松本崇平, 内藤潤, 豊田行英, 遠藤 駿, 江花弘基, 小林亜紀, 尾辻瑞人, 小林正芳.
    当院における急性膿胸の後方視的検討.
    第60回日本呼吸器学会学術講演会, 神戸・WEB, 2020年8月.
  7. 松本崇平, 雨宮光男, 小林正芳.
    当院における非小細胞肺癌に対するデュルバルマブ投与症例の検討.
    第60回日本呼吸器学会学術講演会, 神戸・WEB, 2020年8月.
  8. 雨宮光男, 松本崇平, 小林正芳.
    鼠径部リンパ節腫脹を契機に診断に至ったリンパ脈管筋腫症の1例.
    第656回日本内科学会関東地方会, 東京, 2019年12月.
  9. 酒井駿, 越智裕介, 松本崇平, 小林正芳.
    防水スプレー吸入直後に喫煙し急性肺障害を生じた一例.
    第175回・第233回日本結核病学会関東支部学会・日本呼吸器学会関東地方会合同学会プログラム, 東京, 2019年2月.
  10. 藤岡舞, 加藤太治, 松本崇平, 越智裕介, 小林正芳.
    カバノアナタケによる薬剤性肺障害の1例.
    第646回日本内科学会関東地方会, 東京, 2018年11月.
  11. 松本崇平, 臼井亮, 小林亜紀, 越智裕介, 小林正芳, 湯浅和美, 江花弘基, 小野里優希, 尾辻瑞人.
    左上葉扁平上皮癌に対しニボルマブ療法を行い完全寛解が得られた経過中に発症した右下葉腺癌の1例.
    第59回日本肺癌学会学術集会, 東京, 2018年10月.

臨床研究

下記の通り、当科では倫理委員会の承認を受けた臨床研究を行っています。
当施設は、胸部腫瘍臨床研究機構(TORG)に加盟するとともに、東京医科歯科大学と連携し多施設共同研究を行っています。更に、単施設でも臨床研究を行っています。

多施設共同研究

  • 肺癌患者における間質性肺炎合併に関する研究 倫理審査許可番号:02-064
  • COVID-19肺炎後の肺機能低下に関わる因子の検討 倫理審査許可番号:02-067
  • COVID-19後遺症に関する実態調査(中等症以上対象)日本呼吸器学会 倫理審査許可番号:02-109-2
  • 間質性肺炎患者における経過の解析と疾患関連遺伝子の探索(前向き研究)倫理審査許可番号:02-117

単施設研究

  • 質量分析法を用いた非結核性抗酸菌症の起因菌の探索に関する研究 倫理審査許可番号:02-154
  • Film Array呼吸器パネルによるCOVID19流行期前後の呼吸器感染症に関する研究 倫理審査許可番号:02-155
  • Ⅲ期非小細胞肺癌に対するIMRTを用いた化学放射線療法の肺臓炎発症リスクの検討 倫理審査許可番号:02-156
  • 外科的ドレナージを要する肺炎随伴性胸水のリスク因子の探索 倫理審査許可番号:02-157

ページの先頭へ

2021年8月24日 最終更新