呼吸器内科

城東地区における中核病院として、地域医療支援病院やがん診療連携拠点病院の指定をうけています。肺癌をはじめとする腫瘍疾患に加え、肺炎などの呼吸器感染症や気管支喘息などのアレルギー疾患、びまん性肺疾患なども含めた呼吸器疾患全般に対応しています。

診療内容

肺がん

診断に関しては、気管支鏡検査の際に超音波内視鏡(EBUS-GS、EBUS-TBNA)も使用することで、診断率向上に努めています。胸水の精査では、局所麻酔下胸腔鏡も行い診断率を上げています。治療に関しては、最新の肺癌診療ガイドラインに準拠しつつ呼吸器外科及び診療放射線科と連携して治療方法を選択しています。化学療法は、各種分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬を適切かつ積極的に導入しており、局所進行非小細胞肺がんに対しては、化学放射線療法後の免疫チェックポイント阻害薬による維持療法を行っています。患者さんのQOL向上を重視し、外来での化学療法を積極的に推進しています。また、院内の緩和ケアチームとも連携をはかり患者さんの苦痛に積極的に向き合っています。

呼吸器感染症

細菌性肺炎、胸膜炎や膿胸などの疾患に対しては、感染症専門医やICDと連携しガイドラインに準拠し、起因菌を想定した適切な治療を行っています。膿胸に関しては、呼吸器外科と緊密に連携し、手術療法も積極的に選択しています。非結核性抗酸菌症や肺アスペルギルス症などの慢性呼吸器感染症の治療は、手術療法も含めて包括的に治療を推進しています。喀血症例にはCTアンギオグラフィーで原因血管を同定し、場合により放射線科と連携し気管支動脈塞栓術(BAE)も行っています。

びまん性肺疾患(間質性肺炎など)

びまん性肺疾患の診断確定は、各種抗体検査や抗原隔離、気管支鏡検査、外科的肺生検などが必要ですが、診断に難渋する場合があります。当院は、東京医科歯科大学と連携し診断及び治療を行っています。診断が確定し、適応のある患者さんには抗線維化薬も積極的に導入しています。

気管支喘息及び類縁疾患

喘息予防・管理ガイドラインに準拠し吸入ステロイドを主体とした治療を行っています。難治性の気管支喘息に対しては、抗IgE抗体、抗IL-5抗体や抗IL-5受容体α抗体等の生物製剤を導入しコントロールしています。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症などにも対応しています。アナフィラキシーに対しては救急診療科と連携して治療を行ない、エピペンの導入も積極的に推奨しています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

COPDに対しては、呼吸機能検査に加え画像検査を行い適切に評価しています。COPD診断と治療のためのガイドラインを踏まえて治療薬を選択しています。喘息とCOPDのオーバーラップ(ACO)は、重症度に対応して吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用型β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の配合薬であるトリプルセラピーも考慮しています。急性増悪時には、薬物療法に加えて非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)を導入し治療を行っています。

慢性呼吸不全

COPDや間質性肺疾患、肺結核後遺症、側弯症等に伴う慢性呼吸不全に対し、在宅酸素療法(HOT)やNPPV療法を導入しています。

嚢胞性疾患や希少疾患

LAMやBHD症候群などの嚢胞性疾患に関しては、呼吸器外科と連携し診断を確定するように努めています。難病研究班の施設等に依頼することも含め、柔軟に対応しています。

施設認定

・日本内科学会認定教育施設

・日本呼吸器学会認定施設

・日本アレルギー学会準認定教育病院

・日本呼吸器内視鏡学会認定施設

・日本がん治療認定医機構認定研修施設

ページの先頭へ

2019年6月28日 最終更新