呼吸器内科

診療内容

呼吸器疾患は、内科の中でも非常に多種類の疾患があるため、できるだけ多様な疾患の診療に対応できるように努力しています。

主な疾患

  • 肺がんと胸膜中皮腫が主体の悪性腫瘍
  • 膠原病(皮膚筋炎、強皮症、リウマチなど)に伴う間質性肺炎
  • 薬剤性肺炎、肺線維症、気管支喘息、肺気腫、COPD、好酸球性肺炎、肺塞栓症、肺動静脈瘻、サルコイドーシス、肺結核などの抗酸菌感染症
  • インフルエンザ、肺炎球菌肺炎、マイコプラズマ肺炎などの肺感染症
  • 気胸、血胸

※抗酸菌感染症につきましては、結核病床を有する専門病院と連携して診療を行っています。

特色

救急診療

当院の特徴として救命救急センターや、夜間、時間外診療を主体としたER診療科からの豊富な症例をもとに、そこで診療される気道熱傷、窒息、肺挫傷、気胸、血胸、肋骨骨折や各種疾患に伴う急性呼吸不全などの診療を行っています。

遺伝子診断

多くの病院では遭遇することが少ない稀な疾患(肺原発悪性リンパ腫、BHD症候群など)の診療機会も多く、それらに対し、遺伝子診断などを用いて診療を行っています。

肺がん

肺がんの診療は、疾患に合わせて最新の薬剤や治療方法の導入を積極的に行うと共に、最適な放射線治療を導入できるように放射線診療科と連携して体制を整えています。また、がん性疼痛など、緩和医療につきましても、積極的に取り組み、地域の診療所や訪問看護施設と協力して診療を行っています。

間質性肺炎

間質性肺炎に対しても、ステロイド治療や免疫抑制剤の治療のほかに、血液吸着療法などの治療もできるように各診療科と連携して治療をしています。

各疾患共、最良の医療が提供できるように、大学病院や研究所などと協力し、必要な組織検査、血清検査、遺伝子検査、診断などを行うと共に、徐々に病床数等を拡大し、医療の需要に応えることができるように努力しています。

ページの先頭へ

2014年4月 2日 最終更新