産婦人科

東京都の指定する区東部地域唯一の総合周産期センターとして、新生児科とともに高度な周産期医療を提供しています。がん拠点病院として、婦人科領域の悪性腫瘍診療の区東部地域における主要施設のひとつです。

診療内容

母体搬送

総合周産期母子医療センターとして、また、スーパー母体救命センターとして、常時、母体搬送症例を受け入れ、母児の救命救急への対応を行っています。母体搬送の受入件数は、都内の総合周産期母子医療センターにおいて最多となっています。

ハイリスク妊娠・分娩

妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群やさまざまな合併症を有する妊娠などハイリスク妊娠に対して高度な妊娠管理を行い、分娩まで診療いたします。

婦人科悪性腫瘍

婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など)の手術療法、放射線療法、抗癌剤による化学療法など、集学的に行います。

腹腔鏡手術

良性疾患(良性卵巣腫瘍、子宮筋腫など)のうち、可能なものに対して腹腔鏡下手術を行います。

救急疾患

異所性妊娠、卵巣腫瘍茎捻転などの症例に対し、緊急手術などの救急対応を行います。

主な医療設備

  • MF-ICU 9床
  • 超音波検査装置(血管ドップラー可能)
  • 分娩監視システム
  • コルポスコープ
  • 腹腔鏡手術

地域とのつながり

「東京都区東部周産期ネットワークグループ連携会議」を1年に2回開催し、地域の医師との間の周産期ネットワークの充実を図っています。

学会施設認定

  • 日本産科婦人科学会専攻医指導施設
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)認定基幹施設
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医指定修練施設
  • 日本女性医学学会専門医制度認定研修施設
  • 日本超音波医学会超音波専門医研修施設

ページの先頭へ

2017年9月 4日 最終更新