単孔式胸腔鏡下手術外来

呼吸器外科では、下記対象疾患の治療として単孔式胸腔鏡下手術を希望される患者さんの診察を対象とした「単孔式胸腔鏡下手術外来」を開設しております。
単孔式胸腔鏡下手術 (Uniportal VATS) とは、文字通り1つの傷 (単孔) 下に手術を行う最新かつ最も低侵襲な胸腔鏡下手術です。中国や台湾を中心としたアジアおよびヨーロッパの一部の地域において、近年の医療機器の進歩並びにより低侵襲な胸腔鏡手術 (Reduced port VATS) を目指した結果考案されました。従来の複数 (2-5個) の孔で行う胸腔鏡手術よりも整容性に優れ、また、損傷する肋間数が少ないことから疼痛が少ない可能性が示唆されています。
 当院では2017年6月から自然気胸に、2018年9月から原発性肺癌 (臨床病期I期)、転移性肺腫瘍にUniportal VATSを導入しています。また、縦隔腫瘍に対しては胸骨正中切開を避けるべく剣状突起下アプローチによる単孔式手術 (Subxiphoid VATS) を導入しています。自然気胸に対しては側胸部に1.8〜2.0cm、原発性肺癌・転移性肺腫瘍に対しては側胸部に3.5〜5.0cm、縦隔腫瘍に対しては剣状突起下もしくは側胸部に2.0〜4.0cmの単孔を作成し手術を行っております。

外来実施日・時間

毎週金曜日9:30〜10:30、担当医師;江花

対象疾患

原発性肺癌 (臨床病期I期)、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、原発性・続発性自然気胸、BHDS・LAMを始めとする多発肺嚢胞症、肺生検など

予約方法

・患者さん又は紹介元の医療機関の方から、予約センター(03-3633-5511 月~土曜8:30~17:00)にお電話をお願いします。
 ※平日の午前中は、お電話が繋がりにくいことがあります。

ご持参いただくもの

・健診結果、又は診療情報提供書(両方も可)、(あれば)画像・検査結果等

ページの先頭へ

2019年7月 3日 最終更新