形成外科

【診療内容】

皮膚のしこり(とくに頭~首、肘・膝から先といったいわゆる露出部)、顔の骨折(眼窩、鼻、頬骨)、傷あと・火傷あとによる「ひきつれ」などを、形成外科的な切開・縫合・皮膚移植などを駆使した手術で整容的に治療しています。このほか眼瞼下垂(瞼が重い・見えにくい)、睫毛内反(まつ毛が当たる)、耳や臍・手足の奇形、巻き爪(爪が縦長に丸まる)、耳前瘻孔などにも対応しています。また、院内の外科などからの要請で、頭頸部再建(舌や顎のがん)、乳房再建(乳がん)、リンパ浮腫(がんの手術でリンパ節を取った後遺症)などの応援手術も行っています。

外来診療は月・火・水・金(午前のみ)に行っています。初診の方は月・火・水・金(午前のみ)に予約を頂いております。

ページの先頭へ

2020年4月 1日 最終更新