検査科(診療部門)

病理部門は表には出ませんが、臨床各科の診療や研究活動を裏から支える、いわば病院全体の要の位置にあります。病理診断には迅速性が求められる一方、近年の技術の進歩に伴い、多様化・高度化にも対応していかなければなりません。さまざまな問題に一つずつ適切に対応していくことが、より良い医療を実現する道であると考えます。

診療内容

病気の多くは、体の中に正常でない細胞が生じた状態と言えます。この異常な細胞の情報を得るためにさまざまな検査が行われますが、病気の種類によってはその細胞を直接調べる必要が生じます。これが病理診断で、次のような種類があります。

組織診断

体組織の一部を顕微鏡で観察し、病変の診断を確定します。また、手術で切除された臓器を検索し、病変の性状や取り切れているかどうかを判定します。

術中迅速診断

組織診断の一部です。手術中に、切除断端やリンパ節転移の有無を診断します。

細胞診断

喀痰、尿、膣分泌物などの中に出現する細胞を検査して、病変を診断します。

病理解剖

病気で亡くなられた患者さんのご遺体を、ご遺族の承諾を得て解剖させていただくのが病理解剖です。生前の診断や治療が適切だったかどうか、死因は何だったかなどを診断します。病理解剖の結果は臨床部門と合同で討論し(CPC)、若い医師の教育、ひいては医学の進歩に寄与することを目指します。

特色

  • 迅速な診断
    病理組織標本作製後、遅滞なく診断し、臨床側へ報告。
  • 高度かつ正確な診断
    最新の免疫染色法などへの対応。

主な医療設備

  • 自動免疫染色装置
  • ヒストステーナー36A
  • 病理・細胞診検査業務支援システムPathWnc

地域とのつながり

地域医師会に開かれたCPCの運営を行っています。

ページの先頭へ

2014年4月 8日 最終更新