ペインクリニック

特色

ペインクリニック外来は、痛みの専門外来として毎日外来を開き、患者さんの治療にあたっています。患者さんの話をよく聞き、痛みの性質をよく認識して、麻酔科医の技術を生かした硬膜外ブロックや星状神経節神経節ブロック法などを用いて診療を行っています。

診療内容

主な症例

痛みの疾患

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、変形性腰痛症、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、舌咽神経痛、偏頭痛、頚腕症候群、四肢血流障害など

痛みを伴わない疾患

顔面神経麻痺、突発性難聴、顔面痙攣、チック、痙性斜頚など

ブロック療法

ペインクリニック治療は専門性の高い技術が必要で、神経破壊薬を用いた三叉神経、顔面神経、脊髄神経のブロックや高周波熱凝固によるブロック、星状神経節ブロック、(頚部、胸部、腰部、仙骨)硬膜外ブロックなどが行われ、クモ膜下穿刺などの合併症に対する救急処置などは麻酔科医でなければ対処できないものです。

特色

外来リニューアル

平成26年に麻酔科外来が新しくなりました。ブロックベッドが7台から8台に増え、患者さんのプライバシーに配慮して仕切りを増やしました。

ページの先頭へ

2014年4月 2日 最終更新