栄養科

基本方針

栄養科は、当院における様々な診療に対し、より多くの治療効果が得られるよう、患者さんお一人お一人の栄養管理に努めております。

病態に応じた治療食であることはもちろんのこと、安全安心で喜ばれる食事提供が行えるよう日々努力を重ねています。

また、在宅に戻られても食事療法を継続できるよう、わかりやすく実践しやすい栄養食事指導に努めています。

医師・看護師等と共同で入院患者さんの栄養管理計画に携わり栄養状態の維持・改善に取り組んでいます。

その他、様々な「多職種連携チーム」の一員として専門性を発揮できるよう知識・技術の習得のため自己研鑽に努めています。 

栄養科長
本荘谷利子

業務内容

治療食事の提供

治療食は当院の診療内容にあわせて、各種疾病に適用できるように様々な栄養量の食事を取り揃えています。また、栄養量が適切であることはもちろんのこと、摂食嚥下機能に合わせ食べやすい形態にしてお出ししたり、衛生面の管理も十分に行い、安心して召し上がっていただけるよう、細心の注意を払って調製しています。
入院中の食事について、詳しくはこちら

栄養食事指導

当院で治療されている入院および外来患者さんを対象に、食事療法の必要な方には、医師の指示に基づき、管理栄養士が栄養面での配慮とお食事のとり方について、栄養指導を行っています。医師から指示された栄養量を取るには何をどれだけ食べたらよいのか、食事内容をどのように改善したらよいのか、などを具体的にお話ししています。
指導内容としては、糖尿病・高血圧、脂質異常症、腎臓病、肝臓病、膵臓病などの生活習慣病などの各種疾病治療のための食事療法や、胃をはじめとした消化器の手術後の食事、摂食・嚥下機能の低下により飲み込みがうまく出来なくなった方の食事、がんなどで食欲低下や味覚が変わってしまわれた方の食事の工夫などについて対応しています。

特に、糖尿病治療におきましては 糖尿病チームの一員として栄養面から患者さんをサポートするため、個別指導に加え糖尿病・肥満教室を開催する他に、糖尿病の合併症の一つである腎症の進行を少しでも遅らせ、透析導入を予防する「糖尿病透析予防指導」につきましても糖尿病チームの一員として医師、看護師と連携し指導に取り組んでいます。
栄養食事指導について、詳しくはこちら

臨床栄養管理

管理栄養士は医師、看護師その他医療従事者と共同して、入院時に特別な栄養管理が必要であると判断された患者さんに対して栄養評価を行い、おひとりおひとりの栄養状態、摂食機能及び食形態を考慮した栄養管理計画を作成しています。個別に患者さんの状態を把握することで臨床栄養管理を行っています。
食事摂取量が減っている場合などは、管理栄養士がベッドサイドにて患者さんの食欲などご意見を確認し、担当医師や看護師と相談の上、栄養状態を改善させ、早期回復につながるようにお食事の調整をしています。

また、栄養状態が低下した方については、必要に応じてNST(栄養サポートチーム)チームで対応し、栄養状態の改善に努めています。
栄養科は、NST事務局として、委員会やNST研修の開催及び運営、回診リストの作成、連絡調整などを行っています。
NSTについて、詳しくはこちら

その他、管理栄養士は緩和ケアチーム、褥瘡対策チーム、肝胆膵NST(膵頭十二指腸切除術適用患者さんに対応)などのチーム活動に積極的にかかわり、患者さんの栄養改状態の維持・改善に努めています。

認定資格者一覧

詳しくはこちら

レシピ集 「家族みんなで健康ごはん」

平成25年1月より、当院の管理栄養士と病院専門調理師が考えた健康メニューのレシピ集「家族みんなで健康ごはん」を公開しています。肉うどん、炊き込みごはんといった主食系から、魚料理、肉料理、野菜料理、サラダ類まで、多彩なメニューの献立レシピをご紹介しています。「健康的」であることと「おいしい」ことを両立させたメニューが手軽に作れる、食と医療のプロフェッショナルのノウハウを皆様にお届けいたします。今後もメニューを拡充させていく予定ですので、お楽しみに!

「家族みんなで健康ごはん」について詳しくはこちら

ページの先頭へ

2017年9月21日 最終更新