内視鏡科

近年の内視鏡機器の進歩は、より低侵襲で、より操作性が良く、より精密な画像が得られるよう改良が重ねられてきています。内視鏡の進歩を反映させ、患者さんにとって安全でより良い医療を提供できるよう努めていきたいと考えています。

診療内容

当科では、消化管内視鏡、気管支鏡を用いた診断や様々な治療を行っています(腹腔鏡を除く)。なお内視鏡科専任医師は1名のみ(消化器内科専門)であり、また当科は外来・病棟を持たないため、消化器内科、外科、呼吸器内科の先生方にご協力いただき、下記の検査・治療を行っています。

消化器分野では、内視鏡を用いて、食道、胃、十二指腸、胆道、膵臓、大腸の炎症、潰瘍、腫瘍などの病気の診断をしています。また治療としては、消化管出血の緊急止血、異物の除去、ポリープ、早期癌の内視鏡治療、閉塞性黄疸に対する緊急ドレナージ、総胆管結石の除去、食道静脈瘤の治療、食道狭窄の拡張、胆道へのステント留置、イレウス管の挿入などがあげられます。超音波内視鏡と胃ろうは行っていません。
呼吸器分野では、肺の内視鏡である気管支鏡検査を行っています。気管・気管支および肺疾患の診断と治療が目的です。診断目的では経気管支肺生検、気管支肺胞洗浄、擦過細胞診などを行っています。
従来の気管支鏡より細い気管支に到達できる極細径気管支鏡を備えています。
治療目的では喀血の処置、異物除去、気胸に対する内視鏡的気管支充填術、レーザー治療などを行っています。

分野によっては、それを得意とする他院への紹介や大学病院との連携などといった選択肢も考慮しながら、患者さんの安全と最善の治療結果が得られるということを再優先に考えるようにしています。
当院では緊急に内視鏡を必要とする患者さんが比較的多いため、緊急処置に手を取られてしまい、時間を予約されて来院されているにもかかわらず、お待たせしてしまう場合があります。効率的な運用による待ち時間の短縮につとめておりますが、やむを得ない場合もあることをご理解いただければ幸いです。

主な検査

  • 上部消化管内視鏡検査
    治療:粘膜切除術、食道静脈瘤硬化療法、食道静脈瘤結紮療法、消化管出血内視鏡的止血術、消化管狭窄バルーン拡張術
  • 下部消化管内視鏡検査
    治療:粘膜切除、ポリペクトミー、消化管出血内視鏡的止血術
  • 内視鏡的逆行性膵胆管造影
    処置:総胆管結石除去、胆道ドレナージ、胆道ステント留置
  • 気管支鏡検査
    治療:経気管支肺生検、気管支肺胞洗浄、擦過細胞診、喀血の処置、異物除去、腫瘍の切除、焼灼術、気管支拡張術
  • 局所麻酔下胸腔鏡検査
    治療:胸腔内観察、生検

特色

  • 安全性の確保
  • 質の確保
  • 機器の整備
  • 学会発表

ページの先頭へ

2014年3月26日 最終更新