新生児フォローアップ外来

新生児フォローアップ外来

NICU・GCUを退院した新生児を対象に、発育・発達についてフォローアップをおこなっています。
出生体重1500g未満の極低出生体重児・超低出生体重児については、小学校3年生まで身体発育・精神運動発達をフォローアップしています。しかし、発育・発達上の問題は出生体重が1500gより大きい子ども達にも生ずる可能性があり、両親の不安や相談に対応できるような場としています。そのために、新生児科から退院した全ての児を対象に、発達・発育フォローアップについて墨東病院独自のプログラムを作成し、合併症や発育・発達上の問題点を早期に発見できよう工夫しています。
未熟児貧血や未熟児くる病の治療と検査、骨密度測定、頭部画像診断、脳波・聴力検査、眼底検査、神経発達障碍のスクリーニング、精神運動発達検査、SGA性低身長に対する成長ホルモン治療管理も行っています。
また、RSウィルスの流行期間にはシナジスRの投与を行っていますが、当院フォローアップ中の対象児ばかりではなく、他院からの依頼も受け付けています。

育自(児)サポートネットワーク

新生児科フォローアップ外来は子供の診察の場であると共に、両親(特に母親)への育児支援の場所でもあります。低出生体重児・染色体異常などの先天性疾患を持つ児を育てる両親は、育児への不安や自信がなく地域での育児仲間ができにくく孤立しやすいのが特徴です。そのために、NICUに入院した子どもを持つ親と成長した子ども自身や、医療スタッフのメンバーからなる「育自(児)サポートネットワーク」を組織し運営しています(墨東病院の他科の患者家族の会と同様に、院内組織として認められています)。
診察の場ではなく、月に一回外来プレイルームに退院した親と成長した子が集まり、入院中の子供を持った母親が参加し、自由に話せる場を提供しています。また、このような集まりに出席できない家族のためにも、両親達からの便りを掲載する機関誌「おたまじゃくし」を年に3回刊行しています。
育自(児)サポートネットワークの分科会として、同窓会の他、在宅酸素療法をした子どもの親が集まり、中高校生となった子どもと親の集まりなど、先輩の親との様々な話し合いを持っています。このような会合では、必ず託児室・子ども部屋を準備し、両親達がゆったりと話し合いに専念できるよう工夫しています。

ページの先頭へ

2014年4月 8日 最終更新