皮膚科

墨東病院にかかるすべての皮膚科患者さんに笑顔を取り戻す医療を提供します。

東京都区東部医療圏に住む皮膚科患者さんのすべてに笑顔を取り戻せる医療環境を作ります。

診療内容

皮膚症状を呈する疾患全般にわたって診断治療を行っています。

主な疾患

アレルギー性皮膚疾患

アトピー性皮膚炎、貨幣状湿疹、慢性痒疹などを中心に診療しています。原因検索として、職業、金属、歯科金属のアレルギー、食生活などを含めた生活習慣に関してパッチテストなどで原因を究明するとともに、慢性扁桃炎、歯根尖部膿瘍などfocal infectionに関しては耳鼻咽喉科、歯科と協力し原因を究明しています。

蕁麻疹

難治性慢性蕁麻疹の治療。急性の蕁麻疹、特にアナフィラキシーショックを含め救命救急センターと連携し対応しています。

薬疹

薬疹の原因検索を行うとともに、アナフィラキシーショック、粘膜皮膚眼症候群(Stevens-Johnson型)、 中毒性皮膚壊死解離症(TEN)などの重症型薬疹の治療を行っています。また、過去に薬疹の既往のある患者さん の使用薬剤の検索も行っています。

膠原病、血管炎

皮膚症状を伴う皮膚筋炎、汎発生強皮症、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデスなどの膠原病及びアナフィラクトイド紫斑病、結節性多発血管炎など血清学的に診断の困難な疾患の診断及び治療をリウマチ膠原病科と協力して行っています。

感染症

伝染性膿痂疹、帯状疱疹、皮膚真菌症はもちろん、小児のブドウ球菌性皮膚熱傷様症候群、カポジ水痘様発疹症や麻疹、水痘、風疹、伝染性単核球症など小児科・感染症科と協力して診療を行っています。

熱傷

15%未満の2、3度熱傷に対してはご一報頂ければ、直ちに対処しています。広範囲熱傷、気道熱傷に対しては救命救急センターと協力し対処しています。

腫瘍

良性、悪性腫瘍とも診断及び治療を行っています。手術数は年間約1200例で、その内悪性腫瘍約250例、静脈瘤約100例です。化学療法を必要とする進行癌に関しては病床数の関係で、連携病院と協力して行って います。

静脈癌

エコーによる診断を行ない、整容的にも美くしい手術・硬化療法を目指しています。

下腿潰瘍・壊疽

動脈・静脈の障害、糖尿病などを原因とする潰瘍の診断治療を行っています。

特色

手術

墨田、江東、江戸川150万人の人口を有する区東部医療圏の中で、重症及び手術を行える皮膚科は墨東病院のみです。昨年度皮膚腫瘍切除術の入院手術件数は全国のDPC病院中で全国3位,都内1位である。皮膚がん 都内7位,軟部腫瘍 都内4位,下肢静脈瘤 都内6位と非常に高いレベルの手術を数多く安全に行っています。

特に、救急の分野である壊死性筋膜炎と下肢壊疽の分野での評価が高く、人食いバクテリアとして有名になった壊死性筋膜炎の患者数は全国2位,都内1位となっています。死亡例もなく経過している要因としては、蜂窩織炎などの軽症例から壊死性筋膜炎などの最重症例までを皮膚科で一貫管理することにより、地域から紹介がしやすく、専門医が早期に診断しやすいという墨東病院の優れたシステムがある点が挙げられます。

下肢の壊疽の分野でも循環器科、内科、整形外科と協働して,骨髄露出療法などの新しい治療を行って、多くの患者さんを大切断から救肢しています。

がん医療

区東部医療圏内の皮膚良性腫瘍および悪性腫瘍入院手術患者シェアーは100%であり、当科が当該地域の皮膚がん、皮膚腫瘍の診療が一挙に担っています。

チーム医療

褥瘡対策チーム、スキンケア外来を院内の他職種と連携して展開しています。

地域とのつながり

皮膚科では医療連携を推進しています。3区(墨田区、江東区、江戸川区)のすべての皮膚科医療機関を訪問し、それぞれの患者さんに合った医療機関に紹介できるようにしてきました。今後も患者さんにとって有料で安全な医療を提供できるよう、医療連携を強化していきます。

ページの先頭へ

2014年3月31日 最終更新