各診療科

3大疾病患者数(入院患者)

PCI実施件数(歴年)

計算式 PCI(冠動脈インターベンション)の実施件数
説明等 PCIは、カテーテルを使って、狭心症や心筋梗塞の原因である冠動脈の狭窄や閉塞を治療する方法です。病変をバルーンで拡張するか、ステント(小さな金属の筒)を留置します。バルーンだけですと再狭窄(同じ部位がまた狭窄を生じる)の割合が高いため、現在では、特別な場合を除いてほとんどの病変にステントを留置しています。

PPI実施件数(歴年)

計算式 PPI(末梢血管形成術)の実施件数
説明等 PPIは、カテーテルを使って、疲労感、痺れ等の原因となる末梢血管を拡張し治療する方法です。ひじや太ももの付け根から狭くなっている腕や足の血管まで、カテーテルを挿入し血管を押し拡げ、血流を取り戻します。さらに、拡げた血管を固定するために、ステントも一緒にふくらませます。最後に拡げた血管が元にもどらないよう、ステントを置いたまま、カテーテルを抜きます。

アブレーション実施件数(歴年)

計算式 アブレーションの実施件数
説明等 アブレーション治療は、心臓の拍動リズムに異常を来して脈拍数が多くなる、「不整脈」という病気に対し行われる治療法です。足の付け根などの太い血管からカテーテルを入れ、心臓内部の不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼き切る治療法不整脈の原因となっている部分を小さく高周波電流で焼き切ります。手術が成功すれば不整脈の根本的な治療をすることができます。

ペースメーカーなどデバイス植込術件数(歴年)

計算式

ペースメーカーなどデバイス植込術(新規・交換)件数

説明等

ペースメーカー植込術は、心拍数が遅くなる「徐脈性不整脈」の治療方法です。心臓は、電気刺激により拍動する臓器です。ペースメーカーは、その原理を応用した医療機器です。ペースメーカーからの電気刺激は1~2本のリード線で心臓に伝えられ、心臓に留めたリードから得る電気信号をもとに、徐脈を認識し心臓に電気刺激を送って正常な脈拍を保ちます。

1類・2類感染症受入患者数

26年度27年度28年度
193人 29人 181人

内視鏡検査件数

項目26年度27年度28年度
上部消化管内視鏡 5,101件 4,481件 4,705件
下部消化管内視鏡 3,160件 3,112件 3,299件
逆行性胆管膵管造影(ERCP) 484件 490件 602件
気管支鏡・胸腔鏡 233件 227件 185件
合計 8,988件 8,310件 8,791件

外来化学療法実施件数

計算式

外来化学療法室において実施した件数
(平成23 年6 月1 日に4 床から10 床へ増設)

説明等

外来化学療法室は、外来通院患者さんに、抗がん剤だけではなく生物学的薬剤・ホルモン剤を使用した薬物治療を行っています。入院から外来での治療に移行することで、入院期間が短縮でき、仕事や家族との時間を少しでも多く持ちながら治療を行うことができ、患者さんのより良い生活の質を保つことを目標にしています。
当院には、がん化学療法看護認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師がおります。

血液製剤の適正使用

項目26年度27年度28年度
FFPLR/RCC比 0.46 0.537 0.53
ALB/RCC比 1.03 1.49 1.21

輸血製剤廃棄率

26年度27年度28年度
0.68% 0.52% 0.35%

剖検率

26年度27年度28年度
5.03% 5.02% 4.22%

血液浄化療法施行数

脳血管内手術(脳動脈瘤に対するコイル塞栓術)の実施件数

計算式

脳血管内手術(脳動脈瘤に対するコイル塞栓術)の実施件数

説明等

脳動脈瘤コイル塞栓術は、カテーテルからコイルを押し出して動脈瘤に詰めます。動脈瘤にコイルを詰め終わると、動脈瘤内に血栓ができて自然に固まります。これにより、動脈瘤の破裂の危険性はほとんどなくなり、病巣部が破裂するのを防ぐ治療方法です。

院内がん登録状況

院内がん登録数

2016年1月~12月
件数男女比
全体 1,495件
(男性) 826件 55.3%
(女性) 669件 44.7%

計算式
  • 2016年(2016年1月1日~2016年12月31日)に登録症例として国立がん研究センターに提出したデータ

来院方法

2016年1月~12月
件数割合
自主 128件 8.6%
他院からの紹介 1,014件 67.8%
他疾患の経過観察中 318件 21.3%
その他 35件 2.3%
不明 0件 0.0%

説明等
  • どのような経路を経て当院を受診されたかを把握する項目です。

診断時住所別

2016年1月~12月
医療圏登録件数登録割合
区中央部 18件 1.2%
区南部 2件 0.1%
区西南部 2件 0.1%
区西部 2件 0.1%
区西北部 5件 0.3%
区東北部 110件 7.4%
区東部 1,290件 86.3%
(墨田区) (424件) (33.0%)
(江東区) (489件) (37.8%)
(江戸川区) (377件) (29.2%)
西多摩 0件 0.0%
南多摩 0件 0.0%
北多摩南・北部 1件 0.1%
島しょ 2件 0.1%
東京都外 63件 4.2%

ページの先頭へ

2017年11月21日 最終更新