急性期医療に関する指標

※令和2年(度)実績は新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けています。

救急患者数の推移

【参考】消防機関からの搬送受入要請の応需状況

救命救急センター 搬送受入状況(令和3年)

受入件数 受入不可件数 応需率
2,044件 2,402件 46.0%

救命救急センター 受入不可理由(令和3年)

受入不可理由 件数
満床につき 415件
残床わずかにつき 785件
他患者取扱中につき 681件
かかりつけ優先につき 68件
他救命センター収容につき 7件
救命センター適応外につき 433件
診療制限中につき 13件
合計 2,402件

墨東病院 搬送受入状況(救命救急センターを除く)(令和3年)

受入件数 受入不可件数 応需率
2,883件 3,548件 44.8%

※東京消防庁集計データより作成

墨東病院 受入不可理由(救命救急センターを除く)(令和3年)

受入不可理由 件数
処置不能 2,101件
ベッド満床 841件
医療機関個別事情 89件
医師他院搬送指示 336件
応答なし・話中 180件
その他 1件
合計 3,548件

※東京消防庁集計データより作成

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)件数

ページの先頭へ

2022年2月28日 最終更新