高度救命救急センターに指定されました

墨東病院は、昭和60年に救命救急センターが開設して以来、区東部の三次救急の要として機能してきました。

当院の救命救急センターでは、365日24時間体制で総合的な救急医療を提供するため、専任スタッフを配置し、様々な重症患者に対して機動的な診療体制を確保しています。平成26年には新棟を新築し、広範囲熱傷、四肢切断、急性中毒等の特殊疾病患者に対応する設備を確保しました。

そしてこのたび、これら充実した人的・物的体制をもとに、平成28年2月に東京都から「高度救命救急センター」の指定を受けましたので、お知らせいたします。

墨東病院は、都民の皆さまが安心して暮らせるよう、今後とも質の高い三次救急医療の提供をしてまいります。

ページの先頭へ

2016年8月23日 最終更新