難病医療

難病医療は、高度で専門的な医療技術と職員の確保など医療の不採算性から、都立病院の役割が強く求められており、当院では、リウマチ膠原病科において、年々増加するリウマチ疾患、膠原病系難病の治療を行っています。薬剤の有害作用、合併症、膠原病は内科系が、日常診療から患者さんが機能不全に陥る前に早期に機能保存をはかる手術は外科系が対応するトータルケアを実施しています。
また、各診療科においても、肝臓、腎臓、消化器などの特定内臓系難病にも対応しています。

ページの先頭へ

2014年4月 9日 最終更新