患者の権利・医療者の倫理

都立病院の患者権利章典

患者さんは、「患者中心の医療」の理念のもとに、人間としての尊厳を有しながら医療を受ける権利を持っています。また、医療は、患者さんと医療提供者とが互いの信頼関係に基づき、協働してつくり上げていくものであり、患者さんに主体的に参加していただくことが必要です。
都民の生命と健康を守ることを使命とする都立病院は、このような考え方に基づき、ここに「患者権利章典」を制定します。
都立病院は、この「患者権利章典」を守り、患者さんの医療に対する主体的な参加を支援していきます。

  1. だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. だれもが、一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
  3. 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。
  4. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  5. 自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  6. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。
  7. 研究途上にある医療に関し、目的や危険性などについて十分な情報提供を受けたうえで、その医療を受けるかどうかを決める権利と、何らの不利益を受けることなくいつでもその医療を拒否する権利があります。
  8. 良質な医療を実現するためには、医師をはじめとする医療提供者に対し、患者さん白身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。
  9. 納得できる医療を受けるために、医療に関する説明を受けてもよく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問する責務があります。
  10. すべての患者さんが適切な医療を受けられるようにするため、患者さんには、他の患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。

都立病院の子ども患者権利章典(とりつびょういんのこどもかんじゃけんりしょうてん)

あなたは、いつでもひとりの人間(にんげん)として大切(たいせつ)にされ、あなたの成長(せいちょう)や発達(はったつ)のこと(大人(おとな)へと育(そだ)っていくこと)をどのようなときにも一番(いちばん)に考(かんが)えた医療(いりょう)(病気(びょうき)を治(なお)してもらうこと)を受(う)けることができます。

病気(びょうき)を治(なお)すためには、あなたとあなたのご家族(かぞく)や病院(びょういん)の医師(いし)、看護師(かんごし)たちが、おたがいに力(ちから)を合(あ)わせていくことが大切(たいせつ)です。

都立(とりつ)病院(びょういん)は、このような考(かんが)え方(かた)でつくった「子(こ)ども患者(かんじゃ)権利(けんり)章典(しょうてん)」(あなたのために、病院(びょういん)の人(ひと)やあなたのご家族(かぞく)、そしてあなた自身(じしん)も守(まも)らなければならない決(き)まりごと)を守(まも)って、あなたを助(たす)けていきます。

  1. あなたは、どのような病気(びょうき)にかかったときでも、ほかの人(ひと)と同(おな)じようによい医療(いりょう)を受(う)けることができます。
  2. あなたは、どのようなときでも、ひとりの人間(にんげん)として大切(たいせつ)にされ、病院(びょういん)の人(ひと)たちやご家族(かぞく)と力(ちから)を合(あ)わせながら医療(いりょう)を受(う)けることができます。
  3. あなたは、病気(びょうき)のことや病気(びょうき)を治(なお)していく方法(ほうほう)を、あなたがわかることばや絵(え)などを使(つか)って、病院(びょういん)の人(ひと)に教(おし)えてもらうことができます。
  4. あなたは、病気(びょうき)のことや病気(びょうき)を治(なお)す方法(ほうほう)について、十分(じゅうぶん)な説明(せつめい)を受(う)けたうえで、自分(じぶん)の考(かんが)えや気持(きも)ちを病院(びょういん)の人(ひと)やご家族(かぞく)に伝(つた)えることができます。
  5. あなたは、わからないことや不安(ふあん)なことがあるときはいつでも、ご家族(かぞく)や病院(びょういん)の人(ひと)たちに聞(き)いたり、話(はな)したりすることができます。
  6. あなたは、入院(にゅういん)しているときでも、できるかぎりご家族(かぞく)と一緒(いっしょ)に過(す)ごすことができます。
  7. あなたは、入院(にゅういん)していても、勉強(べんきょう)したり、遊(あそ)んだりすることができます。
  8. あなたは、病気(びょうき)の治(なお)し方(かた)や薬(くすり)が効(き)くかどうかなどの研究(けんきゅう)への協力(きょうりょく)を頼(たの)まれたときには、十分(じゅうぶん)な説明(せつめい)を受(う)けて、協力(きょうりょく)するかどうかを自分(じぶん)で決(き)めることができます。やめたくなれば、いつでもそれをやめることができます。決(き)めるときに、わからないことや不安(ふあん)なことがあればいつでも、ご家族(かぞく)や病院(びょういん)の人(ひと)たちに聞(き)いたり、話(はな)したりすることができます。
  9. あなたの病気(びょうき)がよくなるように、あなたのからだや気持(きも)ちのことをできるだけくわしく病院(びょういん)の人(ひと)たちに伝(つた)えるようにしてください。
  10. あなたとみんなが気持(きも)ちよく過(す)ごすために、病院(びょういん)のやくそくをまもってください。

※この権利(けんり)章典(しょうてん)は、都立(とりつ)病院(びょういん)の患者(かんじゃ)権利(けんり)章典(しょうてん)を基本(きほん)に、小児(しょうに)医療(いりょう)の特性(とくせい)に配慮(はいりょ)し、策定(さくてい)したものです。

墨東病院臨床倫理指針

墨東病院に働く医師および看護師は、医師法や保健師・助産師・看護師法のみならず、以下の事項を尊守して職務を遂行するものとする。

  1. 医師および看護師は、患者の自己決定権を尊重し、十分な説明を行った上で同意を得ることにより(インフォームド・コンセントの実践)、相手の信頼を得るよう努める。
  2. 医師は、患者が希望する場合は勿論のこと、患者から要請が無い場合であっても当院ではできない有効な治療法を行う病院があるときは、積極的にセカンドオピニオンを勧める。
  3. 医師は、宗教上の理由により輸血を拒否する患者を診療する場合、「宗教上の理由による輸血拒否への対応について」(東京都立病産院倫理委員会報告2011.1)に従う。
  4. 医師は、緊急時を含め患者から診療の求めがあったときは、正当な理由がある場合を除き、必ず受け入れるよう努める。
  5. 医師および看護師は、患者が終末期を迎えたときは本人の意思を予め確認するよう努めるとともに、延命治療の可否について家族と十分に相談し、その結果を診療録に記載する。また、その内容については、一度決定した後も患者と家族に対し定期的に再確認する。
    なお、患者側にどのような事情があっても安楽死の幇助をしてはならない。
  6. 医師および看護師は、患者の入院時に「ドナーカードの有無」と「臓器提供の意思の有無」を確認する。
  7. 医師は、HIV検査など血液感染症の検査を行う場合、血液等の検査検体を診療外の目的に利用する場合、検査検体を使用目的外で長期に保存する場合、並びに 検査検体および病理検体を院外に持ち出す場合は、「墨東病院臨床検査・病理検査における検体の取扱いに関する倫理規定」に従う。
  8. 医師は、染色体検査や遺伝子解析など遺伝学的検査を行う場合は、「墨東病院遺伝子検査ガイドライン」に従う。

平成19年12月18日制定

ページの先頭へ

2017年8月31日 最終更新