リハビリテーション科

診療実績

平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度
取扱延患者数 52,011 47,974 51,637 58,058 59,402
新規患者数 1,802 1,925 2,089 2,381 2,415
診療報酬(点数) 15,243,080 14,763,725 16,051,100 16,771,535 18,083,903
訓練実施総単位数 59,496 26,461 62,266 62,721 68,122
初期加算率 23% 27.50% 31.1% 36.1% 36.1%
早期加算率 56.00% 61.20% 64.5% 67.6% 67.0%
自宅退院率 50.3% 52.6% 52.8% 48.9%
リハビリ開始日数 10.3日 9.1日 7.6日 6.3日
申し送り作成数 658件 644件 488件

877
平成26年度平成27年度平成28年度
SCUリハビリ介入率 ※1 - 79.4% 79.1%
SCUにおけるリハビリ開始までの日数 - 1.1日 1.2日
救命センターリハビリ介入率 ※2 43.4% 41.2% 45.9%
救命センターにおけるリハビリ開始までの日数 - 1.6日 1.7日
計算式
  • 早期加算率=発症日又は手術日より30日以内の早期にリハビリを実施した単位数/リハビリ実施総単位数×100
  • 初期加算率=発症日又は手術日より14日以内の早期にリハビリを実施した単位数/リハビリ実施総単位数×100
説明等

病気や怪我による障害は、早期にリハビリテーションを開始することで、軽減されることが知られています。当院では、発症(受傷)後、間もない全身状態が不安定な時期から、原因となった病気や怪我の治療を行いつつ、主治医とリハ医の管理指導のもとリハビリテーションを行っています。早期にリハビリテーションを開始することは、廃用症候群(安静が長く続くことで起こる心身の機能低下)の予防のためにも重要です。

※1,2 計算式
SCU介入率 SCUリハビリ訓練患者数/SCU入院患者数
救命センター介入率 救命センターリハビリ訓練患者数/救命センター入院患者数(死亡患者を除く)

Barthel index変化

ページの先頭へ

2017年9月20日 最終更新