診療放射線科

CT、MRI、血管造影の検査件数

計算式 各検査の実施件数
説明等
  • MDCT(マルチディテクタコンピュータ断層撮影装置) 
    様々な角度からエックス線をあて、水平方向に輪切りにした断層画像を得ることができる装置で、当院では64列MDCTを3台設置しています。
  • MRI(磁気共鳴画像装置) 
    磁気と電磁波、それに水素原子の動きを利用して、体の断面を撮影する装置で、当院では1.5Tと3Tの2台設置しています。
  • 血管造影 
    血管にX線を透さない造影剤を注入してX線撮影し、動脈、静脈、毛細血管の異常を観察する装置で、当院では心臓血管撮影装置を含めて4台設置しています。
  • IVR-CT
    CT検査と血管撮影が同室で行えるシステムで、当院では血管撮影装置の他に1台設置しています。

放射線治療の延べ患者数・症例数

計算式

放射線治療を受けた延べ患者数・症例数
カッコ内は地域連携により、地元の医療機関などからの紹介で、放射線治療を受けた患者数(内数)

説明等

放射線治療とは、X線や電子線などの放射線を用いて、主にがんを安全かつ効果的に治療する方法です。
当院では、放射線治療について専門的な知識を持った、放射線治療専門医や医学物理士などの多くのスタッフによって、治療が行われています。

ページの先頭へ

2017年3月23日 最終更新