地域がん診療連携拠点病院に指定されました。

このたび、高度ながん診療体制が整備されている病院として、厚生労働省から、「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。

国は、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん医療の中心的な役割を担い、一定の水準を満たした病院を、「地域がん診療連携拠点病院」として指定しています。

墨東病院は、5大がんをはじめ臓器別に専門分野を定め、手術治療・化学療法・放射線治療など集学的治療を提供するがん診療に力を入れてきました。平成27年度からは、東京都が独自に指定する「東京都がん診療連携拠点病院」として活動し、専門的ながん医療の提供のほか、医師への緩和ケア研修、がんサロン・がん相談、がんに関する普及啓発活動などに取り組んでまいりました。こうした取り組みの実績が厚生労働省にも認められ、今回、国の「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けることができました。

 指定期間は、平成29年4月1日から平成33年4月1日の4年間です。

墨東病院はこれからも、がん診療体制を充実させて、都民の皆さんに質の高い安心かつ適切ながん医療の提供をしてまいります。

東京都福祉保健局のページへ

ページの先頭へ

2017年4月 5日 最終更新